子どもたちは遊びの発明者!!(横川)

2018.8.01 Wed

今日から8月。台風が過ぎ少し気温が下がると、セミがいつも以上に鳴いています。

幼児組の子どもたちは、西原園まで水遊びに出かけました。

水と親しんで遊んだあと、今日の遊びの素材はペットボトル。

どんなふうに遊びを発展することができるかな?と楽しみました。

 

子どもたちはプールに座って、ペットボトルが浮き上がることを楽しんだり、水を一杯に入れたり。

どこからか楽しい声が聞こえてきました。

「1,2,3」プシュー  「わー!!!」

 

ペットボトル水鉄砲に早変わり。あっちでプシュー!

こっちでプシュー! 中には、おっきなペットボトルいっぱいに水を入れるために

小さなペットボトルから入れ替えする子も。ナイスアイデア!

みんなで、大はしゃぎ。

「先生に気づかれんように頭にかけよーや」

「わー かけられた!」

「先生みつけた!」 プシュー!! 「まてまてー!」

みんなしっかり遊んだので、片付けタイムはみんなお手伝いしてくれました。

ありがとう。